読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーが膨らまない理由

最近きちんと落としたコーヒーをしばらく飲んでいない。

いつもインスタントコーヒーで済ませてしまっていて、本格的なコーヒーが久々に飲みたくなってきた。

家にペーパードリップ用の道具は一式あるのだけれど、なんか納得のいく淹れ方ができない。

それは蒸らしのときにコーヒーが膨らまない理由が分からないからだ。

結局分からないままできちんと出来た!と感じたことが今まで一度もない。

だからせっかく落としたコーヒーでも、味はおいしくても

「もっとおいしく淹れられたんじゃないか?」

という気持ちがよぎって納得できない。

お店のコーヒーとかはちゃんとコーヒー豆が膨らんでいるんだよね?

一回コーヒーショップのドリップコーヒーがどんな風に淹れられているのかを見てみたいなぁって思う。

そしたら違う発見があっておいしいコーヒーを淹れられるようになるかな?

 

なんかちゃっちゃとおいしい落としたコーヒー淹れられる人ってかっこいいなぁって思う。

まあ自分ができないからそう思うんだろうけど、何より難しいのは「おいしい」の判断基準が人それぞれだということ。

普段からおいしいコーヒーを飲んでしっかりとおいしいコーヒーの味のバランスを理解しておかないといくらやっても上達しないんだろうな。

私の場合特に濃さ・薄さで失敗する。

自分が薄味が好みだから薄めに淹れるんだけど、人に勧めるときは少し濃いめに作らなきゃ!ってなって結局かなり濃いめになる。

自分用と他人用の味の濃さを覚えるのが大変なんだな。